新作コレクション“Leaves”のコーディネート

Journalイメージ

 19世紀英国の詩人、思想家、デザイナーとして知られるウィリアム・モリスの思想にインスパイアされたアベリの新作コレクション“Leaves(リーヴス)”。

その大きな特徴は直線的なシルエット。

有機的な植物の曲線を表現しつつ、直線的なバーシェイプのデザインで洗練された印象に仕立てています。

その魅力を生かした身に着け方やコーディネートのアイデアをご紹介します。

Journalイメージ

〈Necklace バーシェイプのネックレス〉

葉のモチーフを横位置であしらったバーシェイプネックレス。

有機的な植物モチーフとシャープな直線ラインの組み合わせが魅力のシンプルなネックレスです。

身に着けるとデコルテラインにポイントが来るため、鎖骨をきれいに見せてくれます。

一本で着けてもさりげない存在感を放つ洗練されたデザイン。秋冬のボリュームあるコーディネートに取り入れるのもおすすめです。

Journalイメージ

〈Pierced Earrings 縦長のピアス〉

縦のラインで耳に下がるバーシェイプのピアス。

まとめ髪でもおろした髪型でも、首元がすっきりと見えるシルエットです。

直線的なラインに納められた有機的な植物モチーフが凛とした輝きを放ち、顔まわりに華やぎを添えます。

装いによって優雅にもスタイリッシュにも纏えるため、幅広いスタイリングに取り入れて楽しむことができます。

Journalイメージ

〈Ear cuff  イヤーカフ〉

アベリでもご要望の声が多かったイヤーカフ。

ピアスホールを開けることなく着けられる軽やかさも大きな魅力です。

いつも着けているピアスにイヤーカフを添えれば、印象的で洗練された耳元に。

エッジーなジュエリーながら、アベリならではの高級感ある佇まいでさりげなく視線をさらいます。

Journalイメージ

〈Bangle バングル〉

ヘアライン加工による柔らかな光沢が特徴の、上品な細身のゴールドバングル。

ゆるやかな曲線に沿うようモチーフをあしらっています。

セイフティチェーンにはレーザーホールダイヤモンドが1粒きらめき、仕草を美しく見せてくれます。

バングルは袖の上に纏っても素敵です。長袖の洋服では手首が隠れますが、バングルを袖の上にのせることで手首のシルエットを強調し引き締めてくれます。

秋冬の長袖の装いにぜひ取り入れていただきたいアイテムです。

Journalイメージ

〈Necklace + Bangle クロスロングネックレス+バングル〉

ロングネックレスとバングルを合わせた華やかなコーディネートです。

ロングネックレスは葉のモチーフにストレートな縦軸を合わせたクロスのデザイン。

チェーンの長さを調整できるため、短めに着けてスタイリッシュに、長めに着けてエレガントにと、お好みに合わせて纏うことができます。

有機的なラインに無機質でシャープなラインを組み合わせることでユニセックスな印象に。

トレンドに左右されない大人のペアジュエリーとしてもおすすめです。

バングルを合わせて手元にも輝きを添えれば、ジュエリーを主役とした上質感あふれる装いに。

結婚式や入学式などのオケージョンにも映えるコーディネートです。

Journalイメージ

〈Ring + Bracelet  リング+ブレスレット〉

リングとブレスレットを合わせたさりげないコーディネート。

細めのチェーンが繊細な印象のブレスレットと、モチーフの精緻なデザインをシンプルに楽しめるリング。

バーシェイプのデザインでまとめることで、落ち着きのある上品な手元を演出してくれます。

シルエットもすっきりとしていて普段使いしやすいので、装いを選ばず着けることができます。

  

“心と手によるデザインとクラフツマンシップを調和させる”というモリスの理想を胸に、美しいものをつくるための手間ひまを惜しむことなく、丹念な手仕事を積み重ねて完成させたジュエリーコレクション“Leaves”。

上品で優雅な煌めきを放ちながら、自然な佇まいで幅広い装いに調和するジュエリーとなっています。

シルエットの魅力も充分に生かしながら、“Leaves”のアイテム同士で、またお手持ちのジュエリーと合わせて、さまざまにコーディネートをお楽しみください。

 

--

こちらも合わせてご覧ください。

 Collection「“Leaves”」 >

結果が取得できません。絞り込みの数を減らすか、クリアしてください。

実店舗での在庫状況については、
各店までお問い合わせください。

Stores >