ジュエリーを身に着けるきっかけと楽しみ

Journalイメージ

ジュエリーを身に着けるきっかけは人それぞれ。

今回はアベリのスタッフに、自分自身の「ジュエリー購入のきっかけ」や「アベリのジュエリーを身に着ける楽しみ」について聞きました。

また、スタッフがお客様と接する中で伺ったエピソードも併せてご紹介いたします。

様々なストーリーから、ジュエリーを身に着けることの楽しみを改めて感じていただけたらと思います。

   

【身に着けるきっかけ】

ジュエリーを選ぶタイミングは「自分にとっての節目」というスタッフが多数。

お客様も、就職や出産、仕事復帰など、新たなスタートを期にジュエリーを選ばれる方が多いようです。

Journalイメージ

<人生の大切な節目に>

・出産したら記念としてリングを購入しようと思っていました。子どもの名前を入れたかったので、温かみのある手彫りのカリグラフィー文字が入れられるリング (710B/CH)を選びました。今は私自身がお守りのように左手小指に着けています。いずれ子どもが大きくなった時に渡すのが楽しみ。(スタッフ・O)

*こちらのエピソードはInstagramでもご紹介しています。

・お客様がスペシャルオーダーで、40歳のお誕生日を記念してお気に入りの石を40代にふさわしいデザインに仕立て直しされているのを見て、とても素敵だなと思いました。私も次の節目の年には、年齢に相応しいジュエリーを購入する予定です。

20歳、60歳だけでなく、30歳、40歳、50歳…と、それぞれの節目で特別な想いや感情は生まれるもの。自分にとって大切なタイミングで選んだジュエリーは、きっとその先の日々に寄り添う宝物になってくれるはず。(デザイナー・M)

   

<仕事を頑張るきっかけとして>

・30代のお客様が「5年ほど前から欲しいと思っていた」とダイヤモンドリング(AL1044B/PT)をご購入くださいました。ご自身の昇進のお祝いとして選んでくださったそうで、念願のリングを手にとても感慨深そうな様子が印象的でした。(スタッフ・Y)

・入社3年目の時に、自分へのご褒美と激励の意味を込めてダイヤモンドリング(AL1098A/K18CH)を購入。

仕事で与えられる目標が高くなり、後輩もできたりと、置かれる環境が変わり、見た目から変わりたくて選びました。初めは震えるような心地でしたが、その背伸びもなんだか嬉しかった思い出です。(スタッフ・Y)

・育休から仕事復帰した時に「これを着けてまた仕事を頑張ろう!」と、程よく存在感があるピアス(1097A/PT)を購入しました。アベリらしい繊細な細工とミル打ちによるプラチナの白さに惹かれ、また保育園のお迎えなどの際にも浮かない上品な佇まいが決め手でした。

お客様にも、お仕事復帰のタイミングでジュエリーを選ばれる方がたくさんいらっしゃいます。出産を頑張り、育児を頑張っているご自身へのエールの意味も込められているようです。(スタッフ・O)

   

<憧れに近づく第一歩として>

・20代の頃、ダイヤモンドのチェーンリング(314A/PT)を購入しました。

最初は憧れているだけでしたが、同僚が小指に着けている姿がとても素敵だったし、どの指にも着けることができ、美しく上質なダイヤモンドを使用しているため永く使えると確信して思い切って購入しました。その後、一度もチェーンが切れることもなく13年愛用し続けています。まだまだ活躍してくれそうです。(スタッフ・O)

・毎年アベリでジュエリーをご購入くださっている60代のK様が、ご友人を伴ってご来店されました。

ご友人はいつもおしゃれなK様に憧れていて、愛用のジュエリーブランドをお尋ねになったそう。ご一緒に選んだチェーンリング(AL1335A/K18CHAL842A/PT)を手にした姿は、お二人ともとても嬉しそうでした。(スタッフ・S)

Journalイメージ

<家族や大切な方からの贈り物>

祖父に転職祝いとしてもらったお祝い金で、入社して初めてのジュエリーを3点(452B/PT,491A/CH,031R/YG)購入しました。

今は亡き祖父がプレゼントしてくれたジュエリーとしてこれからも大切に愛用していこうと思います。(スタッフ・O)

遠くにいる大切な友人への贈り物に、彼の夢が叶うようにと星モチーフのピアス(468A/PT)を購入しました。

一般的に星モチーフジュエリーはフェミニンなデザインも多いのですが、アベリの星モチーフは男性でも着けやすい大人っぽいデザインなので、彼も「いいね」と気に入ってくれたようです。(スタッフ・F)

   

【ジュエリーを身につけることの楽しみ】

ファッションアイテムであることはもちろん、ジュエリーが持つ物語を自分に重ね合わせたり、過去や未来に想いを馳せたり。

ジュエリーに対する愛着や思い入れ、そして楽しみ方は、身に着ける人それぞれの中に広がっています。

Journalイメージ

<ファッションに欠かせないもの>

・ピアスは私にとってお化粧の一部のような、着けていないと落ち着かないアイテム。洋服や髪型に合わせてバリエーションを揃えています。

黒髪にしてからは、プラチナの出番が増えました。(デザイナー・M)

・手元は、シャンパンゴールドメインにプラチナをアクセントにもってくるコーディネートがお気に入り。

両手の人差し指と中指はリングサイズが近いので、人差し指と中指につけたいリングは4本の指で兼用できるサイズで揃えています。

コーディネートや指のむくみ具合によって着ける指を変えられるので汎用性が高いです。(デザイナー・M)

   

<他にないデザイン性>

・ファンシーカットダイヤモンドに魅力を感じ購入したダイヤモンドリング(1137A/K18YG)。程よく個性的なダイヤモンドが装いのアクセントとなってくれるので、オンオフ問わず身に着けています。

アートピースのように気品ある佇まいのせいか、「どこのジュエリー?」とよく尋ねられます。(スタッフ・F)

・星やクロスなど、ポピュラーなモチーフをAbHerïならではのデザインに落とし込んでいる点に惹かれます。

一見端正な印象ですが、精緻な細工、美しいミルグレーション、ダイヤモンドの輝きなど、細部にまで手仕事が施されており、見応えのあるデザインです。(スタッフ・F)

Journalイメージ

<テーマに想いを重ねて>

・愛用しているダイヤモンドリング(AL1098A/K18CH)は高さがなく、地金の色合いも上品な華やかさなのでカジュアルな服装にも合います。

レースをイメージした繊細なデザインですが、実際のレースの洋服も、取り扱いに注意しながら大切に着るもの。

その繊細さも身に纏う楽しみであり、それをふまえても着けたくなる魅力を秘めたリングです。(スタッフ・Y)

・帯枕の職人をしていた祖母が使っていた金色の指抜きが好きで、幼い頃いつも羨ましく眺めていました。

転職活動をしていた時、AbHerïのサイトでリング(1141A/PTK18PG)を見て、どこか懐かしさを感じさせるデザインに真っ先にその指抜きが思い浮かびました。

入社のきっかけとなったこのリングを購入して5年ほど経ちますが、使い込むうちに風合いが増し、ますます愛着が湧いています。(スタッフ・S)

・自分の誕生日を期に彫り模様が印象的なダイヤモンドピアス(AL1357A/PTK18CH)を購入。

子供の頃に憧れていたような幻想的で美しいデザインで、アンティークの懐中時計から着想を得たと知ってますます惹かれました。

適度なボリューム感で、このピアスさえ着けていれば他にジュエリーがなくても大丈夫と思えるほど。とても使いやすく愛用しています。(スタッフ・F)

   

<長く愛用する楽しみ>

・「プラチナ=大人」と思っていたので、初めて購入したプラチナジュエリーを着けるといつも気持ちがシャキッとします。プラチナを着けられる嬉しさと共に、この輝きに似合うような人になりたいと思った購入当時の気持ちを思い出し、背筋が伸びるような感覚になります。(スタッフ・Y)

・ダイヤモンドのチェーンリング(314A/PT)を13年、ダイヤモンドリング(現623A)を15年愛用しています。

今も変わらない美しさで手元にあるジュエリーを見て、AbHerïのジュエリーの質の高さを実感しています。

20代の頃には少し思い切った買い物でしたが、身に着けるたびにふと、購入して良かったなと嬉しくなります。(スタッフ・O)

・お気に入りの真鍮製ジュエリーが破損し、修理できなくなってしまったというお客様がいらっしゃいました。

「もっと長く使える素材のものを選んでおけば良かった」と悲しそうに仰るお客様を見て、どんなにデザインが素敵で愛着があっても、素材と作りによっては使い続けることができないのだと痛感しました。

アベリでは上質な素材と確かな作り、そして年齢を重ねても身に着けられる洗練されたデザインを大切にしたジュエリーをお届けしています。

愛着を育みながらジュエリーと長く付き合っていく楽しみを、これからもアベリのジュエリーを通してお伝えしていきたいと思います。(スタッフ・S)

   

「もう10年以上愛用している」「ずっと着けているうちにこのジュエリーがもっと好きになった」「子どもに受け継ぎたいから選んだ」そう言ってくださるお客様が、アベリにはたくさんいらっしゃいます。

時には修理やメンテナンスをしながら10年20年と愛用し続けることができるジュエリーを選ぶことは、この先もぶれない価値観の軸を定めるような、持続的な選択と言えるかもしれません。

祝福や願い、労いや愛情…そんな大切な意味を纏って手元にやってくるジュエリー。

手にした時の想いを育みながら愛用する中で、それはその人にとって世界に一つの宝物となっていきます。

アベリのジュエリーは確かな品質でその想いに寄り添い、手にした時からこの先ずっと、身に纏う人の日々の中で輝き続けます。

ぜひ、ご自身ならではのジュエリーの魅力を楽しみながらご愛用ください。

710B
レディースリング
“INFINITY”
Lady`s ring

通常価格
¥104,500~
セール価格
¥104,500~
通常価格
単価
あたり 

1044B
デマントイドガーネットリング
“Trois Feuilles”
Demantoid garnet ring

通常価格
¥352,000~
セール価格
¥352,000~
通常価格
単価
あたり 

1098A
ダイヤモンドリング
“reticella”
Diamond ring

通常価格
¥528,000~
セール価格
¥528,000~
通常価格
単価
あたり 

1097A
ダイヤモンドピアス
“Olive”
Diamond pierced-earrings

通常価格
¥132,000
セール価格
¥132,000
通常価格
単価
あたり 

314A
ダイヤモンドチェーンリング
Diamond chain-ring

通常価格
¥627,000
セール価格
¥627,000
通常価格
単価
あたり 

1335A
ダイヤモンドチェーンリング
“fleurs”
Diamond chain-ring

通常価格
¥104,500
セール価格
¥104,500
通常価格
単価
あたり 

842A
ダイヤモンドチェーンリング
“Lyre”
Diamond chain-ring

通常価格
¥187,000
セール価格
¥187,000
通常価格
単価
あたり 

031R
ダイヤモンドピアス
Diamond pierced-earrings

通常価格
¥170,500~
セール価格
¥170,500~
通常価格
単価
あたり 

468A
ダイヤモンドピアス
Diamond pierced-earrings

通常価格
¥104,500~
セール価格
¥104,500~
通常価格
単価
あたり 

1137A
ダイヤモンドリング
“parfum”
Diamond ring

通常価格
¥286,000
セール価格
¥286,000
通常価格
単価
あたり 

1141A
ダイヤモンドリング
“priere”
Diamond ring

通常価格
¥225,500~
セール価格
¥225,500~
通常価格
単価
あたり 

1357A
ダイヤモンドピアス
“OXYMORON”
Diamond pierced-earrings

通常価格
¥396,000~
セール価格
¥396,000~
通常価格
単価
あたり 

実店舗での在庫状況については、
各店までお問い合わせください。

Stores >