横顔も裏側も、美しいリング

Journalイメージ

多様なラインナップが揃うアベリのリング。

隅々にまで趣向を凝らしたそのつくりに、お客様からは「どこから見ても見応えがあって、ずっと見ていられる」と驚きのお声もいただきます。

アベリのリングの魅力は正面から見た姿だけではなく、あらゆる角度から感じることができます。

Journalイメージ

側面のデザインは、リングの横顔として正面のデザインをより印象づけ、支える大切な要素。

音楽で例えるならば、主旋律を明確に立ち上げリズムを奏でる伴奏のような役割と言えます。

Journalイメージ

たとえばこちらのリングの側面のデザインは、リースから下がるリボンをイメージした造形。

躍動感あるフォルムは実際のリボンの動きやラインを観察しながら作り上げられました。

リボンの先端にも小さな花を飾るなど心躍るような要素を散りばめ、トップのダイヤモンドを引き立てています。

Journalイメージ

また、リングの裏側である、手のひら側のデザイン。

こちらのリングは、手のひら側に小さなモチーフがついています。

この小さなモチーフはリング全体のバランスをとるアクセントでもあり、身に着ける人だけが知る小さな秘密のように魅力的な部分です。

Journalイメージ

手のひら側にデザインのあるリングを纏うことで「自然と相手に手のひらが見えるように手を動かすことが増え、所作が美しくなった」と教えてくださったお客様も。

手のひらの表情に、洗練された大人の遊び心が漂います。

Journalイメージ

アベリならではのチェーンリングも、正面だけでなく様々な角度から楽しむことができます。

チェーンの流れに沿うようにモチーフを配したタイプのチェーンリングは、まるで指に繊細にレースを纏ったように、側面でもさりげなく煌めきます。

高さを抑えたモチーフに精緻な細工を施し、軽やかな着け心地と同時に確かな上質感を楽しむことができます。

Journalイメージ

チェーンリングを着けた時の手のひら側の表情にも、大きな魅力が秘められています。

チェーンの先端に煌めくエンドパーツが手の動きに合わせて揺れ、優雅な印象に。

高さを抑えたモチーフに精緻な細工を施し、軽やかな着け心地と同時に確かな上質感を楽しむことができます。

手を添える、手を振るなどの日常の動作もエレガントに演出してくれます。

この小さなアクセントによって、チェーンリングを身に着ける楽しみはいっそう広がります。

こうしてアベリのリングは、一見しただけでは見えないところまで精緻に作り上げられています。

ジュエリーの一つ一つにテーマがあり、そのテーマを隅々にまで込め、仕立てているのです。

手は日常の中で常に動かし、目に留まりやすいところ。

だから手元に纏うリングは、どの角度から見ても洗練された、見応えのある佇まいのものを。

着けている時はもちろん、外して置いた時も美しいアベリのリングは毎日に寄り添う大切なパートナーのような存在になります。

実店舗での在庫状況については、
各店までお問い合わせください。

Stores >