アベリのブライダルリング

Journalイメージ

ブライダルリングにはエンゲージリングとマリッジリングがあり、それぞれに異なる意味合いを持っています。

エンゲージリングは“婚約指輪”と呼ばれ、婚約の証しとして男性から女性へと贈られるものです。

男性が用意をしてプロポーズの際に贈る、というイメージも根付いていますが、記念の意味も込めて女性も一緒に選ぶというケースも多いようです。

一方、マリッジリングは“結婚指輪”と呼ばれるもので、結婚の誓約のしるしとして、お二人が取り交わすリングのこと。

多くの場合、互いの好みなどを照らし合わせて、共に検討して選ばれます。

Journalイメージ

一般的には、エンゲージ・マリッジどちらのリングも左手の薬指に着けるものとされています。

この習わしは「左手の薬指に通っている血管が心臓につながっていて、愛の血が流れている」という古代ギリシャの信仰に基づいているそう。

心臓は心を司る臓器と考えられたため、愛情を約束するためにこの指にリングを着けるようになったと言われています。

Journalイメージ

ブライダルリングは、結婚式の時だけではなく未来にずっと続いてゆくストーリーを持つもの。

マリッジリングは毎日の中に輝きを添え、またエンゲージリングはこれから先の大切なシーンに欠かせない、特別なリングとなります。

だからこそより深い想いを込めて、自分らしさに寄り添うリングを選んでみてはいかがでしょうか。